FPお役立ちコラムcolumn

受験費用を考えると、中学から私立にいくのと、高校まで公立で私大に進学するのはどのくらい金額が違うの?

子供を公立に行かせるか?私立に行かせるか?
子供本人の希望は別として、費用面だけを見てみると、どのくらい金額が違うものなのでしょうか?

今回は、公立中学から公立高校に進学するケースと私立中学から私立高校に進学するケースの
2パターンを学習塾費用も含めて試算してみました。

詳細を見る

中学受験の費用と中学入学後の費用

「子供を私立中学に通わせたい」とお考えの方も多くいらっしゃるかと思います。
東京都の平成28年度 学校基本統計(学校基本調書報告書)によりますと、
中学生全体数306,820人のうち、私立中学に通っているのは、74,322人で、
実に24%の生徒が私立中学校に通っています。

中学受験では、小学校で習わないことも出題されるため、
私立中学に合格するには学習塾に通う、もしくは通信教育で自宅学習など、
小学校の勉強に加え、なにかしらの補助的な学習が必要になります。

今回は、学習塾代も含め中学受験にかかる費用、ならびに、私立中学入学後にかかる費用をみていきましょう。

詳細を見る

最近のお問い合わせ内容(2018年5月~6月分)

ライフプランの窓口では、
大きく分けて、
1.結婚と出産に伴うお金の相談
2.家を買う時のお金の相談
3.老後に向けた資金の準備
の3つの相談を承っております。

問合せの内容は似ているようで1人1人違います。
まったく同じ相談がないのは家庭によって状況が違うからです。

私たちの作成するライフプランによって、
家計の経済的な課題や問題が見えてきます。

課題や問題を解決するのか、放っておくのか、
お一人お一人に決めていただきます。

ご参照ください。

詳細を見る

お子さんの「成功脳の育て方」と「チャンスを掴むお金の準備」セミナー

妊婦さんとママさん向け!
お子さんの「成功脳の育て方」と「チャンスを掴むお金の準備」セミナー

東京、神奈川、千葉、埼玉でライフプラン作りのお手伝いを提供している
ライフプランの窓口では、ベビーカレンダー会員様限定の、
無料で参加できる、脳育セミナーとマネーセミナーを同時開催いたします。

参加者全員に脳育ポーチをプレゼントいたします!

詳細を見る

【西日本豪雨関連】事務局担当FPの高橋の取材対応がフジテレビ グッディで放送されました。

ライフプランの窓口の事務局を担当している、
ファイナンシャルプランナーの高橋成壽が、

2018年7月17日(火)放送の
フジテレビ 直撃LIVE!グッディの取材を受け、
コメントの内容が放送されました。

詳細を見る

小学校の入学準備から小学校卒業まで、どんなことにいくらお金がかかるの?

一般的に「私立の小学校は高くて、公立の小学校は安い」と言われています。
公立だからほとんどタダじゃないの?と思われている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、公立の小学校は、授業料こそかかりませんが、授業料以外でかかる費用が意外とあります。

今回は、公立の小学校の入学準備から小学校卒業までにどれくらいの金額がかかるのかをみていきましょう。

詳細を見る

家を買うきっかけと正しい住宅ローンの選び方 その2

正しい住宅ローンの選び方

毎年100万件の住宅ローン契約がされています。総額20兆円。
なんとも巨大な市場です。銀行はこの貸し出しが一大ビジネスです。
住宅ローンの残高は1200万件、185兆円程度と言われています。

住宅ローンの専門家に話を聞いてみると、
既存の住宅ローンの約半数は借り換えで100万円以上の
金利軽減効果があると試算しています。

詳細を見る

2018年版 夫婦のおこづかい、ランチ代、貯蓄とへそくり

ライフプランの窓口では、ファイナンシャルプランナーが
家計に関する相談を受けています。
他の人はどうしているのか知りたいという声もありますので、
今回は、参考として保険会社の調査結果をお伝えいたします。

明治安田生命の家計に関するアンケート調査によると・・・

詳細を見る

子どもが生まれてから必要な手続きとお金の準備は何があるの?

子供が生まれると、出生届や出産育児一時金など、色々と手続きをする必要があります。
手続きする場所も役所や勤務先などさまざまです。

今回は、妊娠や出産に関する手続きやお金の準備についてご紹介します。

詳細を見る

家を買うきっかけと正しい住宅ローンの選び方 その1

ライフプランの窓口の問い合わせの3割はマイホーム相談です。
これから家を買う皆様の一助にしていただきたく、
私たちが受けている相談を簡単にまとめました。

詳細を見る