FPお役立ちコラムcolumn

ファイナンシャルプランナーの相談料の目安とは?選び方のコツも紹介!

ファイナンシャルプランナーへの相談は、
無料から万単位になるケースまで料金に大きな違いがあります。

どうしてこのような差が出るのか、
不思議に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは、相談料が異なる理由やおおよその相場についてと、
ファイナンシャルプランナーを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

詳細を見る

シェアリング時代の賢いお金の使い方 定額制サービス編

「持つ」時代から「借りる」時代へ。

家や車などにお金を払って所有するのではなく
利用期間にお金を払ってサービスを受けることを
「サブスクリプション方式」と呼びます。

詳細を見る

妊娠と出産でもらえるお金を逃さないようにしよう! その3

前々回は妊娠中のサポート、出産前後のサポートとして
出産育児一時金と児童手当について、
前回は出産手当金、育児休業給付金、社会保険料の免除に
ついてお伝えしました。

今回はその他の制度についてお伝えします。

詳細を見る

障がいをもつ子供の育て方 ~グループホーム編~

グループホームとは、主に
身体、知的、精神障がいを持つお子様が
職員の協力を得ながら地域のアパートや戸建等で
共同で生活する住居になります。

厚生労働省によりますと2018年12月現在
全国で約7700事業者がグループホームを
運営し、約11万3000人が利用している
との事です。

今回は、障がいを持つお子様が生活する
「グループホーム」をご紹介していきましょう。

詳細を見る

妊娠と出産でもらえるお金を逃さないようにしよう! その2

前回は妊娠中のサポート、出産前後のサポートとして出産育児一時金と児童手当の
話をお伝えしました。
今回は他の制度をお伝えいたします。

詳細を見る

障がいをもつ子供の育て方 ~放課後等デイサービス編~

障がいをもつお子様が、放課後に通う
デイサービス。
「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」

従来、未就学児と就学時がともに放課後に通う
デイサービスを「児童デイサービス」と
呼んでいましたが
2012年の児童福祉法の改正によって
未就学児のための「児童発達支援」
就学児のための「放課後等デイサービス」
と、2つにわかれました。

今回は、就学児が通う「放課後等デイサービス」に
スポットをあてて、ご紹介していきましょう。

詳細を見る

妊娠と出産でもらえるお金を逃さないようにしよう! その1

新しい命を授かると嬉しい一面と、将来に対する不安の一面が出てきます。
そこで子供を授かった方が利用できる妊娠、出産に関する制度やお金の情報を、
お伝えいたします。

詳細を見る

子供のマネー教育で親も一緒に賢く学ぶ! アクティブラーニングで学ぶお金の流れ

日本では、人前でお金の話をするのは
あまり美徳とされていません。


金融広報中央委員会が2018年に行った
調査によりますと、株式投資を行っている
世帯は全体の19.6%。
世代別にみると、60代が一番多く、21.2%。
20代は10.2%、30代は17.0%。

親世代が投資を行っておらず、お金の話に
ネガティブなイメージがあるようなら
子供に対するマネー教育も
ほとんど行われていないのは
自然の流れでしょう。


しかしながら、小さい頃からお金にふれる
機会を与えることは、多くのメリットがあります。
そこで、今回は子供と一緒に親も学べる
「親子のマネー教育」についてご紹介したいと
思います。

詳細を見る

実行しやすい家計管理の方法について

短い時間で、収入・支出を管理し、計画的な貯蓄をするには、
いくつかの工夫が必要です。

ここでは、家計管理に費やす時間は短いながらも、
家族の年齢など、生活環境が変わっても見直ししやすい
「家計管理の方法」をお伝えします。

家計管理は見直しが必須です。
記入することで疲れてしまい、見直しできなくなっては意味がありません。
以下にポイントを記載しますので、ぜひ、実行してみてください。

詳細を見る

家計簿アプリと手書きの家計簿は目的が違うって本当?

みなさん、家計簿をつけていますか?

家計の収支を把握することは、
将来の資産設計をする上でも、とても重要です。

家計簿には大きく分けて2つの方法があります。
昔ながらの手書きの家計簿に加えて
最近では、スマホの家計簿アプリで管理する方も
多くなってきていると思います。

家計簿アプリと手書きの家計簿にはそれぞれ
特徴やメリット、デメリットがあります。
それでは、どのように違うのか
詳しく見ていきましょう。

詳細を見る