FPお役立ちコラムcolumn

60歳まで働いたときの年金はいくらもらえるの?

会社員だったら、給与から毎月自動的に天引きされる年金。
定年退職後、年金をいくら位もらえるものなのでしょうか?

年金の基礎知識をおさらいしながら、
年収300万・年収500万・年収1000万円の3パターンでシミュレーションしてみます。

詳細を見る

大学受験の塾代について教えて欲しい!

東進ハイスクールが行った調査によりますと、
難関大学に合格した高校生は、大学受験に向けて
高校1年生もしくは高校2年生から学習塾通いを始めていたとのことです。

難関校までいかないにしても、高校の基礎学力固めは遅くとも
高校3年生の春~夏には終わらせ、それ以降は志望校に向けての
演習や過去問を徹底的に行った方が良い(東進ハイスクール担当者談)
とのことです。

では、大学受験に向けて、学習塾に通う場合、大体いくら位かかるのでしょうか?

詳細を見る

結婚したらどんな保険に入るべき?

結婚と同時に保険の加入を検討する方は多いかと思います。
保険には色々な種類があり、どれに加入するべきか、
迷う方もいらっしゃるかと思います。
結婚したらどんな保険に加入した方が良いのでしょうか?

詳細を見る

家を買ったら生命保険を見直すのはなぜ?

人生の中で三大費用のひとつ、住宅購入。
家を買ったらまず、するべきことのひとつとして「生命保険の見直し」があげられます。
では、住宅を購入したら、なぜ生命保険を見直した方が良いのでしょうか?
理由を見てみましょう。

詳細を見る

会社員でも子供を医者にできるって本当?

平均3,500万円程かかるといわれる、私立医学部6年間の学費。
一般的な会社員の収入ですと、私立医学部に6年間通わせるのはなかなか難しいかと思います。

しかし、子供が医学部進学を希望しているのに、学費だけを理由にあきらめさせるのは
親としても悲しいですね。

実は、会社員でも子供を医学部に通わせることができる方法がいくつか存在するのです。
順番に見ていきましょう。

詳細を見る

学費無償で子供を医師にするための制度について

こどもの将来のお仕事に関する意識調査(2016年)によりますと、
男の子の将来なりたい職業の第1位はサッカー選手、第2位は科学者、第3位は医師、
女の子は第1位はデザイナー、第2位は医師、第3位はアイドル、歌手。
また、親が子供に将来なってもらいたい職業の第1位は、こどもがなりたいもの、好きなもの、
第2位は薬剤師、第3位は医師。

どの項目でもトップ3にランクインする人気職業の「医師」。
親子ともども医師は憧れの職業ですね。
では、医師になる為の教育費はいくらくらい必要になるのでしょうか?

詳細を見る

地震保険とは?入る必要はある?

日本損害保険協会によりますと、地震保険の加入率は、全国平均で30.5%(平成28年度)。
平成7年阪神淡路大震災の1年前、平成6年の全国平均が9.0%ですので、
そこから上昇の一途をたどっています。

詳細を見る

実際に『ライフプランの窓口』にお問い合わせいただいた事例

過去にお問い合わせいただいたお客様の相談事例を、
相談依頼を検討されている方のためにご紹介します。

詳細を見る

火災保険には入らなくてもいいの?

住宅を購入する際、様々な費用が発生します。
その中で意外と費用がかかる「火災保険」。

フラット35などの住宅ローンを組む際には加入義務が発生しますが、
火災保険は基本的には任意加入です。

任意加入だったら入らなくても良いのでは?
と思う方もいるかと思いますので、
ここで火災保険についておさらいしてみましょう。

詳細を見る

変動金利のメリットと注意点を教えてほしい!

住宅ローンの金利には、変動金利、固定金利選択型、全期間固定金利という3つのタイプがあります。
変動金利は、金利が変動するタイプ。固定金利選択型は、基本は変動金利で最初の5年間や10年間は
固定金利を選択できるというもの。また、全期間固定金利は、返済完了まで金利がずっと変わらず、
毎月の支払額が一定というものになります。(元利均等払いの場合)

では、住宅ローンを組む際、どのように金利を選べばいいのでしょうか?

詳細を見る