FPお役立ちコラムcolumn

家を買うきっかけと正しい住宅ローンの選び方 その1

ライフプランの窓口の問い合わせの3割はマイホーム相談です。
これから家を買う皆様の一助にしていただきたく、
私たちが受けている相談を簡単にまとめました。

詳細を見る

ライフプランの窓口に寄せられる相談内容をまとめてみました!

皆さんはどれくらいあてはまりますか?


1、 お金のモヤモヤ、こんな疑問ありませんか?
□ 子どもの教育にいくらかかるの?
□ いくらの家を買えばいいの?
□ ママも将来働いた方がいいの?
□ 家計管理と言われても何から手をつければいいのかわからない
□ お金のこと誰に相談すればいいのかわからない
□ 何がわからないのかわからない
□ ダンナが不機嫌になる

詳細を見る

無痛分娩の費用はいくら?どうやってお金を準備すればいいの?

アメリカでは41.3%(2008年度)、フランスでは65.4%(2016年度)の妊婦が
選択するという「無痛分娩」。
日本では、無痛分娩を選択する妊婦は、6.1%(2016年度)と諸外国に比べると
まだ低い水準にありますが、無痛分娩を選択する人は、年々増えつつあります。

出産の不安や痛みが軽減できる、産後の回復が早いなどのメリットがあり、
今後ますます需要が高まるであろう無痛分娩について、くわしくみていきましょう。

詳細を見る

ママのための賢いお金の増やし方WEBセミナー その8最終回 ■家計改善の成功サイクルと負のスパイラル

■家計改善の成功サイクルと負のスパイラル

ライフプランの窓口では家計見直しの相談が非常に多いのですが、
ご自分の支出状況をまったく把握されていないケース、
自分の支出はわかるが夫の支出はわからないケース、
家計簿をつけているのに内容を分析できないケース、
家計改善とひとまとめにはし難いのが現状です。

詳細を見る

ママのための賢いお金の増やし方WEBセミナー その7 ■子供が産まれると年間100万円必要になる?

■子供が産まれると年間100万円必要になる?

内閣府のインターネットによる子育て費用に関する調査(平成21年度)によると、
子どもが生まれると0歳を含めた未就園児にかかるお金は年間843,225円(月額換算70,269円)となっています。

詳細を見る

ママのための賢いお金の増やし方WEBセミナー その6 ■家計の見直しは5つのポイントから検討しましょう。

■家計の見直しは5つのポイントから検討しましょう。

家計を見直したいという相談がたくさん寄せられます。
見直しの余地のない家庭も一部ありますが、
ほとんどのご家庭では、冗費といって不要不急の支出がたくさんあります。

私たちFPが指摘しても、直さない人、見直せない人がほとんどです。
それはなぜかと言うと、面倒くさいし、大変だし、快適さが損なわれるからです。

家計の見直しポイントが5つあるとします。

詳細を見る

LINE@でのお問い合わせ受付を開始致します。

ライフプランの窓口では、
電話で質問がしづらいという方の為に、
LINE@でのお問い合わせ受付を開始いたします。

詳細を見る

はじめてのキッズプログラミング

夏休み特別企画として、
キッズプログラミングを開催します。

ご存知ですか?

2020年度から小学校でプログラミング教育が実施されます。
あと2年でプログラミングの授業がスタートするのです。

詳細を見る

産休中、育休中にもらえるお金とタイミングを教えて欲しい!

出産でしばらく働けないかわりに、産休中、育休中にお金をもらえる制度がいくつかあります。
いくつか制度の改正もありましたので、それも含めて産休中、育休中にもらえるお金を確認していきましょう。

詳細を見る

【受付終了】2018年6月30日(土)10時~12時 保険見直し相談会@横浜

ライフプランの窓口では保険の見直し相談もたくさん承っております。
入り過ぎているのではないか?という疑問に短時間でお答えします。

詳細を見る