FPお役立ちコラムcolumn

生命保険と共済保険の上手な活用法

生命保険と共済保険のどちらに加入すれば良いのでしょうか?
人によって生命保険がオススメの人、共済保険がオススメの人など様々です。

それぞれの特徴を確認しながら、上手な活用法をみていきましょう。

詳細を見る

DINKSの女性が50歳で仕事をやめるためには、いくら貯めればいいの?

厚生労働省の平成28年の「簡易生命表」によりますと、
50歳の平均余命は、男性32.54年、女性38.21年となっています。
DINKSの女性が50歳で仕事をやめる場合、いくら預金があれば
その後生活していけるのでしょうか?

はじめに、退職後に生活費がいくら位かかるかを確認していきましょう。

詳細を見る

一棟アパート投資のメリットと注意点について

近年、会社員やOLにも人気の不動産投資。

原則、副業が禁止されている会社員や公務員でも、不動産投資は副業とみなされず、
OKとされるケースも多いようです。

では、不動産投資にはどのような種類があるのでしょうか?

不動産投資の物件種別を大きく分けると、
建物一棟まるごとの「一棟もの」(例:アパート、マンション、商業ビル)と、
建物内の一部屋の「区分」(例:マンションの一室、事務所の一室)に分けられます。
「区分」は、主にワンルームマンション投資と呼ばれるものです。

今回は、一棟ものの中で「一棟アパート」への投資にはどういうメリットや
注意点があるのかを確認していきましょう。

詳細を見る

医学部受験の予備校代について教えてほしい

ハイレベルとされる医学部受験。
合格を勝ち取るには、学校の勉強だけでは足りないので、
やはり、予備校に通う必要があるようです。

では、医学部受験に向けて予備校に通う場合、大体いくら位かかるのでしょうか?

詳細を見る

夫婦で借りる?夫だけが借りる?住宅ローンを借りる人の違い

住宅ローンを借りる際、夫婦で借りるのか、夫(もしくは妻。いずれか収入が多い方)一人で
借りるのかなど、いくつかの選択肢があります。
住宅ローンを借りる人によってどのような違いがあるのでしょうか?
確認していきましょう。

詳細を見る

みんながどんな相談をしているか知りたい!(ライフプランの窓口の最近のお問い合わせ内容と傾向)

現在ライフプランの窓口では、
東京都と神奈川県からのお問い合わせを多くいただいております。

ご相談いただく年代は20代と30代に集中しております。

ご相談内容の多くは、
結婚と出産に伴うライフプランと住宅取得に伴うライフプランとなります。

ご相談場所は、新宿と横浜のFP事務所が多く、
あかちゃんがいるためご自宅での相談をご希望の方もいらっしゃいます。

詳細を見る

1,000社を超える不動産ネットワークであなたのマイホーム購入を応援します。

ライフプランの窓口ではマイホーム購入の相談が多く寄せられます。
その多くは、購入物件の価格に無理は無いか、
住宅ローンはどうやって選べばよいかという相談になります。


私たちは不動産会社ではありませんから、
不動産を探したり、売買契約のサポートをすることはできません。


しかし、私たちにはこんな強みがあります。それは・・・
一都三県に集中して、1,000社を超える不動産担当者のネットワークがあること。

詳細を見る

マイホーム購入のトラブルは顧問弁護士が相談を承ります。

ライフプランの窓口に多く寄せられる相談の1つに、
マイホームに関する相談があります。


お話を伺って感じるのは

1.不動産会社から煽られて焦って契約してしまった(手付金を払った)。
2.急いで住宅ローンを選ばなければならない。
3.住宅予算に無理が無いか確認したい。

という内容にまとめられそうです。

詳細を見る

共働き夫婦で配偶者が亡くなると遺族年金はいくらもらえるの?

共働き夫婦のどちらかに万一のことがあった場合、残された遺族に支給されるのが「遺族年金」です。
共働き夫婦で配偶者が亡くなると遺族年金はいくらもらえるのでしょうか?
遺族年金のしくみを確認し、遺族年金はいくらもらえるのかをシミュレーションしていきましょう。

詳細を見る

転職すると住宅ローンが借りづらいって本当?

転職すると家を買う時に、住宅ローンが借りづらくなると聞いたことがあるかと思います。
いったい、どのような影響があるのでしょうか?
また、勤続年数が短くても住宅ローンを借りる方法はあるのでしょうか?
確認していきましょう。

詳細を見る