FPお役立ちコラムcolumn

【西日本豪雨関連】事務局担当FPの高橋の取材対応がフジテレビ グッディで放送されました。

ライフプランの窓口の事務局を担当している、
ファイナンシャルプランナーの高橋成壽が、

2018年7月17日(火)放送の
フジテレビ 直撃LIVE!グッディの取材を受け、
コメントの内容が放送されました。

詳細を見る

小学校の入学準備から小学校卒業まで、どんなことにいくらお金がかかるの?

一般的に「私立の小学校は高くて、公立の小学校は安い」と言われています。
公立だからほとんどタダじゃないの?と思われている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、公立の小学校は、授業料こそかかりませんが、授業料以外でかかる費用が意外とあります。

今回は、公立の小学校の入学準備から小学校卒業までにどれくらいの金額がかかるのかをみていきましょう。

詳細を見る

家を買うきっかけと正しい住宅ローンの選び方 その2

正しい住宅ローンの選び方

毎年100万件の住宅ローン契約がされています。総額20兆円。
なんとも巨大な市場です。銀行はこの貸し出しが一大ビジネスです。
住宅ローンの残高は1200万件、185兆円程度と言われています。

住宅ローンの専門家に話を聞いてみると、
既存の住宅ローンの約半数は借り換えで100万円以上の
金利軽減効果があると試算しています。

詳細を見る

2018年版 夫婦のおこづかい、ランチ代、貯蓄とへそくり

ライフプランの窓口では、ファイナンシャルプランナーが
家計に関する相談を受けています。
他の人はどうしているのか知りたいという声もありますので、
今回は、参考として保険会社の調査結果をお伝えいたします。

明治安田生命の家計に関するアンケート調査によると・・・

詳細を見る

子どもが生まれてから必要な手続きとお金の準備は何があるの?

子供が生まれると、出生届や出産育児一時金など、色々と手続きをする必要があります。
手続きする場所も役所や勤務先などさまざまです。

今回は、妊娠や出産に関する手続きやお金の準備についてご紹介します。

詳細を見る

家を買うきっかけと正しい住宅ローンの選び方 その1

ライフプランの窓口の問い合わせの3割はマイホーム相談です。
これから家を買う皆様の一助にしていただきたく、
私たちが受けている相談を簡単にまとめました。

詳細を見る

ライフプランの窓口に寄せられる相談内容をまとめてみました!

皆さんはどれくらいあてはまりますか?


1、 お金のモヤモヤ、こんな疑問ありませんか?
□ 子どもの教育にいくらかかるの?
□ いくらの家を買えばいいの?
□ ママも将来働いた方がいいの?
□ 家計管理と言われても何から手をつければいいのかわからない
□ お金のこと誰に相談すればいいのかわからない
□ 何がわからないのかわからない
□ ダンナが不機嫌になる

詳細を見る

無痛分娩の費用はいくら?どうやってお金を準備すればいいの?

アメリカでは41.3%(2008年度)、フランスでは65.4%(2016年度)の妊婦が
選択するという「無痛分娩」。
日本では、無痛分娩を選択する妊婦は、6.1%(2016年度)と諸外国に比べると
まだ低い水準にありますが、無痛分娩を選択する人は、年々増えつつあります。

出産の不安や痛みが軽減できる、産後の回復が早いなどのメリットがあり、
今後ますます需要が高まるであろう無痛分娩について、くわしくみていきましょう。

詳細を見る

ママのための賢いお金の増やし方WEBセミナー その8最終回 ■家計改善の成功サイクルと負のスパイラル

■家計改善の成功サイクルと負のスパイラル

ライフプランの窓口では家計見直しの相談が非常に多いのですが、
ご自分の支出状況をまったく把握されていないケース、
自分の支出はわかるが夫の支出はわからないケース、
家計簿をつけているのに内容を分析できないケース、
家計改善とひとまとめにはし難いのが現状です。

詳細を見る

ママのための賢いお金の増やし方WEBセミナー その7 ■子供が産まれると年間100万円必要になる?

■子供が産まれると年間100万円必要になる?

内閣府のインターネットによる子育て費用に関する調査(平成21年度)によると、
子どもが生まれると0歳を含めた未就園児にかかるお金は年間843,225円(月額換算70,269円)となっています。

詳細を見る