FPお役立ちコラムcolumn

教育資金・習い事費用

中学受験マンガ「二月の勝者」でわかる小学生の受験事情

NHKで紹介されるなどで話題の
2月の勝者というマンガがあります。
小学館ビッグコミックスピリッツに連載中で、
ドラマ化も決定しました。

中学受験を考えていなくても、
将来の大学受験念頭に、
親であれば一読したい内容です。
要点をまとめました。

無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。

■2月の勝者が読まれるのは、中学受験より大学受験対策?
今中学受験が過熱しているのは、
少子化の影響で子供一人あたりの教育資金が
増えているからではありません。
大学受験改革の余波なのです。

作品内では、下記のメッセージが発せられています。
********************
大学受験改革の余波
・英語 読む、聞くに加え、書く、話すの4技能評価へ。
・他の科目もマークシートより思考力や記述力が問われるテスト内容で、
公立高校三年間では問題が解けるようにならない。
********************
早稲田、慶應、上智、明治、青山学院、立教、中央、法政など
難関私立大学の合格者を大幅に削減する。
いわゆる名門私大で1万人の合格者削減。
背景には地方創生の観点から、都市部への学生流出を抑制。
********************
地頭の良い子なら、高校三年間で対応できたとしても、
私立中学は6年間の一貫教育で準備する。
どちらが有利か?
********************
子どもにできる限りのことをしたい。
将来、何があっても生き抜けるように強い力を持たせたい。
それなら、お金がかかってもいい。
********************
大学進学を前提にしたとき、
中学受験は特急券。
座れるかわからないときは指定席も買う。
人に流されず自分だけでコツコツできる子、
地頭の良い子はずっと公立でも問題ないだろう。
********************
有名私大に進学するということは、
将来の職業選択の幅を広げることを意味する。
子どもの夢ではなく、大人になった時に、
なりたい職業につけるようにするため。
********************
どんな大人になってほしいですか?
思いやりのある子?
人の気持ちのわかる子?
それだけでいいんですか?
手に入れたいのは性格だけですか?
********************
課金ゲーム上等!
子どもに金かけて何が悪い?
子どもに強い武器を持たせたいんだ!
********************
高校受験 内申点を高く取れるか、
成績が良くても、先生に好かれないと不利。
有利になるには、欠席無し、授業態度良好、部活、生徒会でリーダーシップ発揮。
そういう子なら有利にすすむ。
中学受験は点数のみ。
小学校受験、幼稚園受験はいくら積めるか。
********************
公立中高にはない部活や課外活動がある。
海外留学も当たり前にある。
********************
プロ選手になるなら、
サッカー人口 6万人
毎年新たにプロになる人120人
0.2%の確率。

中学受験
一都三県の受験者52,000人
最難関の御三家定員1,340人
2.58%の確率。

憧れの難関校まで含めれば、
10%弱の可能性がある。

スポーツ、芸術、音楽は才能がモノをいう。
勉強の方が努力のリターンを得やすい。
だから、凡人こそ中学受験が向いている。
********************
昔高校から入れた私立も、
今は高校受験がないところが多い。
********************

などなど、まだ連載中ですが、
親心を刺激する内容がたくさん盛り込まれています。

私の家庭でも、色々な情報収集を重ねた結果、
中学受験対策をスタートすることになりました。

自分の時代は小学5年生からの勉強開始でしたが、
今は小学3年が終わりを迎える、新小学4年くらいから、
勉強が始まります。

その前にも、入塾試験の対策や、体験入塾など、
3年の夏から勉強の準備が始まります。

たしかに地頭の良い子であれば、
6年生からでもそれなりの学校に行けるのかもしれません。

ただ、普通のお子さんですと、3年がかりで受験対象の内容を
3周することが一般的。
我が家では、1年開始が遅かったため、
5年生の一年間はついていくのが大変でした。

小さい頃はこどもの特性に合わせて教育したいと、
思っている親御さんが多いのですが、
受験はお金がかかりますので、二の足を踏みがちです。

ただ、一律に右向け右式の教育をする公立中学校だけでなく、
学校ごとのコンセプトをもち、子どもの個性を伸ばす私立進学を
視野に入れておき、子供の特性に合わせて進学先の選択肢を
持てるといいのではないかと感じます。

大都市圏では当たり前の受験ですが、
地方ではなじみのない地域もあります。

父親が優秀で、オール国公立の親御さんもいらっしゃいますが、
自分の子が同じように進学できるかは未知数です。

親として、子の将来の選択肢を増やす、広げるためにも、
資金計画だけはしっかり準備してください。

ファイナンシャルプランナー 高橋成壽



無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。