FPお役立ちコラムcolumn

家計・貯蓄

新婚カップル 家計費の目安はいくら?

人生に3度あるといわれる「お金の貯め時」。
その一つ目が子供ができるまでの新婚カップル時期
になります。

共働きで子供もいない今だからこそ、趣味や旅行等
やりたいことはたくさんあると思います。
大切なのは、家計のバランスです。
今しかできない事を楽しみながら、貯め時を
逃さないよう、上手にバランスを取りながらお金の
コントロールをしていきましょう。

今回は、新婚カップルの家計費の目安について
ご紹介したいと思います。



無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。

新婚カップル 家計費の目安はいくら?

新婚カップルの生活費は、目安はいくら位
なのでしょうか?

一般的に、世帯手取り月収に対して以下の割合が
適当とされています。

住居費:25%
食費・日用品費:15%
水光熱費:5%
通信費:5%
保険料:5%
こづかい・その他:25%
貯蓄:20%

つまり、新婚カップルの手取り月収が毎月30万円
の場合は…

住居費:7.5万円
食費・日用品費:4.5万円
水光熱費:1.5万円
通信費:1.5万円
保険料:1.5万円
こづかい・その他:7.5万円
貯蓄:6万円

新婚カップルの手取り月収が毎月40万円
の場合は…

住居費:10万円
食費・日用品費:6万円
水光熱費:2万円
通信費:2万円
保険料:2万円
こづかい・その他:10万円
貯蓄:8万円

と、なります。

それでは、実際、新婚カップルは毎月いくら位の
生活費を使っているのでしょうか?


無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。

新婚カップル 実際に毎月の生活費をいくら使ってる?

ゼクシィが行っている「新生活準備調査2016」に
よりますと、新婚カップルの収支は
以下の結果となっています。


■新婚カップルの平均年収

夫:463.2万円
妻:323.9万円


■新婚カップルの月額生活費

住居費:8-10万円(27%)平均7.9万円
食費・日用品費:3-4万円(33%)平均4.1万円
水光熱費・通信費:2-2.5万円(24%)
平均2.2万円
保険料:2-2.5万円(20%)平均2.2万円
こづかい・その他:6万円(31%)平均2.4万円
【内訳】被服・理容費1-2万円(41%)平均1.6万円
交際費・趣味レジャー費:1-2万円(29%) 
平均2.6万円
その他生活費:1-2万円(23%)平均2.9万円
貯蓄:2-4万円(19%)平均9万円
※()内は、最多価格帯の割合

新婚カップルが実際に毎月使っている生活費の
平均額は、おおむね適正範囲内に収まっている
ようです。

いかがでしたでしょうか?


無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。



今回は、新婚カップルの家計費の目安について
ご紹介しました。

もし、いくつかの項目が適正範囲内に
収まっていなくても、全体がおおむね範囲内に
収まっていれば大丈夫です。

先述のとおり、大切なのは家計のバランスです。

交際費だけはゆずれないので、外食の回数を
減らしてみる、食費は削れないので少し家賃の安い
アパートに引っ越す等、優先順位を付けると
家計のバランスが取りやすいかもしれません。

生活費の中で節約しやすいのは、固定費です。

住居費、光熱費、通信費、保険料などは
毎月大体決まっているので、家賃を下げる
安い電力会社に乗り換える、格安スマホにする
保険を掛け捨てにする等で節約することは
可能です。

また、貯蓄も引き落としで別口座に振り分け
先取り貯蓄にすると、貯金しやすいです。

家計費の目安を参考に、家計全体のバランスを
考えながら生活費のコントロールを
していきましょう。

文:山崎美紗 
ファイナンシャルプランナーCFP®
FP1級技能士、整理収納アドバイザー

無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。