FPお役立ちコラムcolumn

投資信託を選ぶ新基準!? 「投資信託の成績表」とは?

2019年5月の「年金2000万円問題」を
きっかけに将来の年金に興味をもたれた方も
多いのではないでしょうか?

実際、Ideco(イデコ)の申込数も5月以降
増加し、7月末のイデコ加入者数は
前年同月比34%増の131万1045人。
今後も増えていくとみられています。
(※国民年金基金連合会による調査)

今回は、金融機関や投資商品を選ぶ基準に
なり得る「投資信託の成績表」について
ご紹介したいと思います。

<投資信託の成績表とは?>

個人投資家が金融機関や投資商品を選ぶ
目安になりそうな投資信託の成績表
「成果指標(KPI)」が、2018年より
金融機関全社で開示されるようになりました。

成果指標(KPI)とは、いわば、金融機関
成績表のようなものになります。

設定から5年以上経つ投資信託に対して
投資家の何割が得して何割が損したかを
金融機関ごとに公表したものです。

それでは、投資信託の成績表を
ご紹介したいと思います。

■投資信託の成績トップ10は?

含み益のある顧客比率が高い金融機関
上位10行は以下の通りです。

1. コモンズ投信
2. レオス・キャピタルワークス
3. セゾン投信
4. 丸三証券
5. ソニー銀行
6. 野村証券
7. SMBC信託銀行
8. 秋田銀行
9. 静岡銀行
10.新生銀行


上位3位を独占したのは、大手金融機関ではなく
独立系の投信会社になります。

1位のコモンズ投信は、顧客の実に98%が
含み益を出しています。
また、「ひふみ投信」を運用する2位の
レオス・キャピタルワークスの顧客の含み益は
91%。
上位3行は、いずれも投資信託を
インターネットで販売する「直販」会社に
なります。


それでは、成績の良し悪しを決める要因とは
何でしょうか?

■好成績の要因とは?

1. 金融機関が扱う商品内容

独立系や証券会社が扱う投資信託は株式を
組み入れていることが多く、ここ数年の株高の
影響もあり、含み益が増したと考えられています。
一方、大手金融機関では、リスクが低めの
債券型投資信託を選ぶ顧客が多く、必然的に
含み益が少なくなったと考えられています。

2. 投資方法の違い

投資方法の違いも成績に影響を与えています。

1位のコモンズ投信によりますと、
コモンズ投信では79%の顧客が積立投資を
しており、含み益がマイナスになっている顧客は
一括で購入した顧客に多いとの事です。

一方、売却も成績に影響を与え、17位の
マネックス証券、27位のカブドットコム証券は
含み益が30%以上の顧客が少ないのが特徴で
利益が出たらすぐに利益確定して売却して
しまうのが要因であると考えられています。

金融庁 HP
販売会社における比較可能な共通KPIの
傾向分析
https://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170728/bunseki2.pdf

今回は、投資信託の成績表について
ご紹介しました。

Ideco(イデコ)で投資商品を選ぶ際には、
上記の金融機関の成績表をある程度
参考にしながら、長期でコツコツと積立を
していくという投資スタンスが成功へのカギと
いえるでしょう。


(文:山崎美紗)


~全国47都道府県でFPによる無料のライフプラン相談を実施中~
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
新潟県・富山県・石川県・福井県
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県



⇒無料相談に申し込む