FPお役立ちコラムcolumn

これからマイホームを買う人必見! 消費税増税と新しい住宅ローン控除とは?

2019年10月1日より、いよいよ消費税が
増税になります。

家を購入する際、土地は非課税のため
消費税増税は無関係ですが、建物は
課税されるので、実質値上がりします。

今回は、消費税増税によって住宅購入に
どのような影響がでるのか
ご紹介していきたいと思います。

<住宅ローン控除って何?>

マイホーム購入後、多くの方が
「住宅ローン控除(減税)」を利用されているか
と思います。

ここで、住宅ローン控除について今一度
確認しておきましょう。


■住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除は、正式には
「住宅借入金等特別控除」という名称になります。

住宅ローンを利用して、マイホームを取得
もしくは増改築をした場合、毎年末の
住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうち
いずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り
所得税の額から控除されるという制度に
なります。


■住宅ローン控除の適用要件とは?

●平成26年4月から令和3年12月の間に
住宅を取得(新築、中古問わず)し、居住開始
●マイホームの床面積が50㎡以上
●10年以上の住宅ローンを組んでいること
●新築又は取得の日から6か月以内に居住し
適用を受ける各年の12月31日まで引き続き
住んでいること等


⇒住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうち
いずれか少ない方の金額の1%を10年間減税
毎年最大40万円×10年間

詳しい適用要件は国税庁のHPにて
ご確認ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm

■住宅ローン控除の注意点

●世帯ごとではなく住宅ローンを組む個人ごとに
住宅ローン控除が受けられるので、夫婦共同
名義の場合は、夫婦それぞれが住宅ローン控除を
受けられます。

<消費税増税による変更点は?>

消費税が増税になることにより、
住宅ローン控除はどのような点が変更に
なるのでしょうか?

●令和元年10月から令和2年12月の間に
消費税率10%適用住宅を購入した場合は
住宅ローン控除の期間10年間に加えて
3年延長となります。

[住宅ローン控除期間10年間は現行のとおり]
⇒住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうち
いずれか少ない方の金額の1%を10年間減税
毎年最大40万円×10年間

[11年目から13年目]
⇒以下の①②のうちいずれか少ない方の金額が
3年間に渡り所得税の額等から控除されます。

①住宅ローン残高又は住宅の取得対価
(上限4,000万円)のうち、いずれか
少ない方の金額の1%
②建物の取得価格(上限4,000万円)の
2%÷3


住宅ローン控除の3年間延長制度は
令和2年12月末までの消費税増税に伴う
時限措置(延長の可能性有)になります。
そのため、マイホーム購入を検討されている方は
住宅ローン控除の3年間延長制度も視野に入れて
検討されてみてはいかがでしょうか。


(文:山崎美紗)


~全国47都道府県でFPによる無料のライフプラン相談を実施中~
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
新潟県・富山県・石川県・福井県
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県



⇒無料相談に申し込む