FPお役立ちコラムcolumn

【FPによる家計相談窓口】結婚したら何から考えるの?

ライフプランの窓口への相談依頼は
3つのライフイベントのタイミングで問い合わせいただきます。

その1つが結婚です。

結婚後に問題になるのが「家計管理」です。
お互いに収入がある場合は、どこまで情報を開示すべきか。
専業主婦(主夫)の場合も、どこまで情報を共有すべきか、
同じ問題に直面します。

情報の開示や共有は、どの時期から実施するのがいいでしょう?

■夫婦関係のトラブルはお金が原因?

それぞれ働いていた者同士が結婚する場合、
どちらの収入で、どの支払いを行うか。
ここで目安となるのは、それぞれの年収です。

年収500万円同士であれば、経費負担は1:1
年収500万円と年収300万円であれば、負担割合は1:0.6
年収500万円と年収100万円では、1:0.2となります。

年収1:1の場合は、支出を全額片方が負担し、残りの手取り全額を貯める、
という超貯蓄家計を実現できるよう考えてみるといいでしょう。
ほとんど不可能に感じられるのですが、無駄を省いたり、支出レベルを落とせば、
理論的には可能です。

理論的に可能であっても、やりたくなければ仕方ありません。
どんな生活スタイル、生活レベルにしたいかを夫婦で意見を言い合いましょう。
※ケンカしないように気を付けてください。

ここで重要なことは、お互いの望む生活スタイルや生活水準を知る、
ということです。本当は、結婚前にすり合わせておくとよいのですが、
自分の年収をオープンにしたり、自分の財産を共有するのは、
結婚していない相手にするのは控えた方がいい場合もあります。
相手次第になってしまうのですが、短期の離婚を避けたい場合は、
結婚前に、収入、財産、借金(奨学金、住宅ローン、投資用のローン)
などの情報は共有すべきでしょう。

年収1:0.6の場合は、0.6の分を全額貯蓄に回せるはずです。
支出内容を工夫するとよいでしょう。

支出を減らすときの考え方は、
1. 頻度を減らす
2. 単価を下げる
3. 他のもので代替する
の3つとなります。

旅行の頻度を減らす。
海外旅行を国内旅行にする。
旅行ではなく日帰りのお出かけにする。
こういった手順で、行為は減らさず、支出を減らすことが可能です。

外食の頻度を減らす
外食の単価を下げる
家で料理を作って楽しむ
こんな具合です。

いかがですか?
ちょっとできそうに感じますか?

年収1:0.2の場合は、
夫婦のお小遣いを0.2で賄うといいでしょう。
よくあるお金のたまらない事例として、
妻の小遣いは、設定せず表面上は0円になっているのですが、
実は生活費から支出しているので、実質青天井になっているケースがあります。

化粧品、美容代、日用品など、細々した買い物が
生活費からねん出されており、お小遣いが青天井という自覚がありません。

妻から家計の相談をうけて、夫婦から話を聞いてみると、
お金と使っていたのは女性側だったというケースがあります。
男性のお小遣いを減らしたいという思惑だったようなのですが、
実際は、自分が頑張らねばならなかったという事例といえます。

私どもでは、婚約や入籍したり、結婚したばかりでのライフプラン診断を
推奨しております。なぜかというと、時間がたつと、
お金を使うことに慣れてしまうからです。

一度支出が増えると減らすことは難しいのです。
自由に使えるお金という権利を手放したい人はいないのです。

ですから、結婚が決まったら、早めにライフプラン診断を実施することをお勧めします。

ライフプランの窓口 事務局代表 高橋成壽


~全国47都道府県でFPによる無料のライフプラン相談を実施中~
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
新潟県・富山県・石川県・福井県
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県



⇒無料相談に申し込む