FPお役立ちコラムcolumn

【知らないと損】自営業、フリーランス女子に朗報! 産前産後の国民年金保険料免除制度とは?

2019年4月より、自営業やフリーランスの方が
加入している国民年金で子育てママを支援する
新たな制度が誕生しました。

この制度は、出産前後の一定期間の
国民年金保険料が免除されるおトクな制度に
なります。

注意点は、出産前後に自分で申請しないと
利用できないので、制度についてきちんと学んで
出産時に賢く利用しましょう。

<産前産後の国民年金保険料免除制度とは?>

令和元年度(2019年4月~2020年3月)の
国民年金保険料は月額16,410円になります。

この保険料を経済的に納めることが難しい人は
申請することにより、保険料が免除になる制度は
以前からありました。

しかしながら、以前からの免除制度は
年金をもらうための加入年数には
加算されますが、受給額には全額反映されない
という制度になります。


■保険料免除制度の期間は?

一方、2019年4月より施行された
産前産後の国民年金保険料免除制度では
出産予定日の前月から産後3か月までの
合計4か月の間、月々の保険料が免除に
なる上に、受給額に全額反映されるという制度に
なります。
※多胎妊娠の場合は、出産予定日の3か月前から
出産後3か月の合計6か月間
※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産を
いいます。(死産、流産、早産を含む)


■保険料を前納している場合はどうなるの?

保険料をすでに前納している場合は、産前産後
期間の保険料は還付されますのでご安心ください。


■付加保険料は納付できる?

産前産後期間の保険料は免除になりますが
付加保険料は納付できます。

■届け出方法は?

住民登録をしている市区町村の国民年金担当窓口で
申請します。
出産予定日の6か月前から申請可能です。

詳しくは、日本年金機構のサイトでご確認ください。
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20180810.html


以上、自営業、フリーランスの方が出産する際の
国民年金保険料免除制度について
ご紹介しました。

4か月分の国民年金保険料約65,000円が
タダになる上に年金受給期間にも反映される
おトクな制度。

申請しなければ、利用できませんので
妊娠したら他の手続きと共に忘れずに
産前産後の国民年金保険料免除制度の
手続きも行いましょう。

(文:山崎美紗)

~全国47都道府県でFPによる無料のライフプラン相談を実施中~
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
新潟県・富山県・石川県・福井県
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県



⇒無料相談に申し込む