FPお役立ちコラムcolumn

国の教育ローンってどんなものがあるの?

子供が進学を希望していても教育資金が足りない
もしくは、生活費が手一杯で教育資金まで
手が回らないということもあるかと思います。

その際には、「国の教育ローン」で教育資金を
準備する方法もあります。

そこで、今回は、国の教育ローンについて
ご紹介したいと思います。

<国の教育ローンって何?>

日本政策金融公庫の「国の教育ローン」の
主な特徴としては以下になります。

・子供一人につき最高350万円まで
借り入れ可能
(海外留学資金の場合は450万円まで)

・最長15年固定金利で年1.71%
※2019年7月2日現在
・家庭状況に応じた金利優遇有り
※母子・父子家庭、子供3人以上の一部世帯
世帯年収200万円以内
・20日程度で入金可能
・在学期間中は利息のみの返済も可能
・来店不要
・日本学生支援機構の奨学金との併用可


■国の教育ローンの使いみちは?
・学校納付金
(入学金、授業料、施設設備費など)
・受験にかかった費用
(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
・在学のため必要となる住居費用
(アパート・マンションの敷金・家賃など)
・教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用
修学旅行費用、学生の国民年金保険料など


■融資対象の学校は?

・大学、大学院(法科大学院等専門職大学院を
含む)、短期大学
・専修学校、各種学校、予備校、デザイン学校
・高等学校、高等専門学校
特別支援学校の高等部
・外国の高等学校、短期大学、大学
大学院、語学学校
・その他職業能力開発校などの教育施設


■世帯年収の上限は?

扶養している子供の人数により世帯年収の
上限が変わります。

・子供1人 
790万円(所得上限590万円)…①
・子供2人 
890万円(所得上限680万円)…②
・子供3人 
990万円(所得上限770万円)
・子供4人 
1,090万円(所得上限870万円)
・子供5人 
1,190万円(所得上限970万円)

上記の①、②の場合、下記の8項目のいずれかに
該当すれば、年収990万円(所得770万円)まで
世帯年収の上限が緩和されます。

・勤続(営業)年数が3年未満
・居住年数が1年未満
・世帯のいずれかが自宅外通学(予定)者
・借入申込人もしくはその配偶者が単身赴任
・今回の融資が海外留学資金
・借入申込人の年収(所得)に占める
借入金返済の負担率が30%超
・親族などに「要介護(要支援)認定」を
受けている人がいて、その介護の費用を負担
・大規模な災害などで被災した人

国の教育ローンは、高校生以降から利用できる
ローンになりますので、それまでに
なるべく教育資金の準備をして
それでも足りない場合には利用を
検討してみましょう。

(文:山崎美紗


~全国47都道府県でFPによる無料のライフプラン相談を実施中~
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
新潟県・富山県・石川県・福井県
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県



⇒無料相談に申し込む