FPお役立ちコラムcolumn

親子の味方!おもちゃドクターって何?

子供の大切なおもちゃが壊れたらどうしますか?

違うおもちゃを買う?
直して使う?

「おもちゃが壊れちゃったから
今度のお誕生日に新しいおもちゃを
買ってあげるね」
お子様がいらっしゃる親御さんなら
よくある光景だと思います。

おもちゃも使い捨ての時代になってきました。
しかし、それで良いのでしょうか?

子供にモノを大切にする気持ちを教えたい
壊れても修理すればまだ使えるという事を
子供に知ってほしいという親御さんも
いらっしゃると思います。

そんな「おもちゃを長い間大切に使ってほしい」
という想いから始まった、おもちゃを修理する
「おもちゃドクター」。


今回は、おもちゃドクターについて
ご紹介したいと思います。

<おもちゃドクターって何?>

おもちゃドクターとは、壊れたおもちゃを
診察、修理する人で、主にボランティアで
おもちゃを修理する活動を全国各地で行っています。

おもちゃドクターは、主に
日本おもちゃ病院協会に所属し
ショッピングセンターや自宅等で
「おもちゃ病院」を開院し、おもちゃの修理を
行っています。


日本おもちゃ病院協会とは、壊れたおもちゃを
原則無料で修理し、新しい生命を
与えることに価値を見出し、生きがいを感じ
ボランティア活動を行う団体になります。

2018年3月時点で、全国で1589名の
おもちゃドクターが日本おもちゃ病院協会に
所属し、おもちゃ病院の活動を行っています。

全国のおもちゃ病院リストはこちらになります。
https://www.toyhospital.org/list


■おもちゃ病院の利用方法

おもちゃ病院を利用する際は、上記の
おもちゃ病院リストからお近くの拠点を探し
事前に開院スケジュールを確認してから
来院しましょう。

おもちゃ修理は原則無料ですが
部品代等がかかる場合や修理できない場合も
あります。

おもちゃ病院は、本物の病院同様
簡単な問診がありますので、答えられるように
しておきましょう。

・おもちゃはいつから、どのような時に動きが
おかしくなったのか?
・どのように動くのが正常なのか?
・取れてしまったおもちゃの部品や破片が
あれば持参しましょう。
・おもちゃの説明書や箱もあれば持参しましょう。


また、修理を引き受けられない
おもちゃもあります。

・エアガン、ガスガン、電動ガン等
・浮き輪、浮袋、子供用プール
・AC100Vに直結するおもちゃ
・骨董的、工芸的に価値のあるおもちゃ
・法的に規制のあるもの

上記のおもちゃは、安全面の配慮,および
骨董品・工芸品は価値の保証ができない事等
から修理は出来ません。

日本おもちゃ病院協会
https://www.toyhospital.org/


<おもちゃドクターになるには?>

日本おもちゃ病院協会では、全国で活躍する
おもちゃドクターを養成しています。

下記の過程を経て、おもちゃドクターになる事が
できます。

・近隣のおもちゃ病院を見学
・ドクター養成講座入門、実践編受講
・インターンを受け入れてくれる
近隣のおもちゃ病院に参加
・新規おもちゃ病院を立ち上げ


ドクター養成講座入門編では、
工具やテスターの知識や使い方
電池、接着剤の知識、主な故障原因
おもちゃの種類別修理方法など
おもちゃ修理に必要な基本的な修理方法を
実践的に学びます。

また、ドクター養成講座実践編では
修理手順、接着剤の選び方、ハンダつけ実習
回路テスターの使い方、おもちゃ修理実習など
おもちゃ病院活動に役立つ技術や情報を
得ることができます。


こわれたおもちゃを修理するボランティアを通じて
お子様に感動を与えたい、保護者の方には環境や
資源保全の意識を持ってもらいたいという動機で
おもちゃドクターを目指される方が多いようです。


お子様におもちゃを修理しながら大切に使う心を
教えたいとお考えでしたら、お子様と一緒に
こわれたおもちゃを持参して
おもちゃ病院を訪れてみるのは
いかがでしょうか?

(文:山崎美紗)