FPお役立ちコラムcolumn

障がいをもつ子供の育て方 ~グループホーム編~

グループホームとは、主に
身体、知的、精神障がいを持つお子様が
職員の協力を得ながら地域のアパートや戸建等で
共同で生活する住居になります。

厚生労働省によりますと2018年12月現在
全国で約7700事業者がグループホームを
運営し、約11万3000人が利用している
との事です。

今回は、障がいを持つお子様が生活する
「グループホーム」をご紹介していきましょう。

<グループホームってどんな所?>

共同生活を送りながら、日中は作業所に通ったり
仕事に行きながら自分でできることを
少しずつ増やしていく施設になります。

平成26年4月より、ケアホーム(共同生活介護)と
グループホーム(共同生活援助)の2つに分かれて
いた福祉サービスが一元化されました。

従来型のグループホームでは、介護が必要な人を
受け入れることができず、グループホーム入居後に
介護が必要になった場合、本人の希望によらず
ケアホームや入所施設に転居せざるを得ない
状況でした。

そういった状況を改善するため、ケアホームと
グループホームを一元化しグループホームで提供
できるサービスを
「日常生活の援助等の基本サービス」と
「利用者の個々のニーズに対応したサービス」の
2つを提供することが可能になりました。


■サービス内容は?

障がいがある人が、主に夜間、共同生活を
行う住居で相談、入浴、排せつまたは
食事等の介護その他、日常生活に
必要な援助を行います。

日中は、仕事や作業所に通うため、主に夜間の
サービスになります。

地域で少人数で共同生活を送ることにより
利用者の孤立防止、生活への不安軽減
共同生活による身体・精神状態の安定等が
期待されています。


■グループホームを利用できる人は?

障害者総合支援法において、グループホームを
利用できる方は、次のように決められています。

障害程度区分が1以下の身体障害者
(65歳未満または65歳までに障害福祉サービスを
利用したことがある人)
知的障がい者および精神障がい者

一応、上記のような決まりがありますが
たとえ障害程度区分2以上の方であっても
共同生活援助を希望する場合は
利用が可能です。

ご両親と同居していたが、ご両親が亡くなって
孤立してしまった、自立したいが一人暮らしは
不安である等という方がグループホームを
利用し、支援を受けながら生活を行います。


■分類が2種類あるグループホーム

① 介護サービス包括型グループホーム

利用者に対する介護サービスを
グループホームの職員が行うサービスになります。

② 外部サービス利用型グループホーム

利用者に対する介護サービスを行うのは
提携した外部ヘルパー等になります。
外部サービス利用型グループホームでは
ヘルパーの手配や調整のみを行います。


■グループホームの費用は?

施設や部屋によっても異なりますが
ワンルームにバスキッチン付きで
月額5万~8万円程度の所が多いようです。



見学時には
居住空間はもちろんのこと、スタッフの様子
他の利用者の様子、利用料金などを確認し
お子様に合ったグループホーム選びが
重要になります。

グループホームを検討されている方は
一度お近くのグループホームを見学してみては
いかがでしょうか?


(文:山崎美紗)


相談可能エリア:新宿・神田・池袋・銀座・川崎・横浜・逗子・大阪・名古屋・北九州(小倉)



⇒無料相談に申し込む