FPお役立ちコラムcolumn

障がいをもつ子供の育て方 ~就労支援・自立支援編~

障がいを持つお子様の場合、就労先が見つかるか
悩まれる親御さんも多いかと思います。

そんな時に頼りになるのが、就労支援になります。

就労支援は、国が定めた「障害者総合支援法」に
基づき、障がいがある方の社会参加を
サポートするものです。


それでは、どのような就労支援があるのか
ご紹介していきましょう。

<就労支援ってどんなものがあるの?>

障害者総合支援法に定められた、障がい者向け
就労支援は、色々な所で行っています。

どのような所で就労支援が受けられるのか
見ていきましょう。


■ハローワーク

ハローワークには障がい者専用の相談窓口が
設けられています。

すぐに働きたいのであれば、求職登録を行い
就職活動をスタートさせましょう。

働くことに不安があったり、ビジネスマナーや
スキルを身につけて就職準備をしてから
就職したいのであれば、就労移行支援や
障害者就業・生活支援センターを紹介して
してくれます。



■就労移行支援

就労移行支援とは、65歳未満の一般企業に
就職を希望する方が、必要なスキルを
身につけられる就労支援になります。

たとえば、就職先をみつけたい
職場を見学してみたい、スキルアップに
取り組みたいという相談ができたり
就職するまでにどのようにすれば良いかを
計画的にサポートしてくれます。

民間の福祉施設が行っているため
主に有料の就労支援サポートになります。


■障害者就業・生活支援センター

障がい者の生活や仕事について、総合的な
支援を行っているのが
障害者就業・生活支援センターになります。

公益法人(社団または財団)や社会福祉法人
特定非営利活動法人(NPO)などが運営しています。
就職に関する相談、お金の管理
健康上の問題などについて
具体的なアドバイスをしてくれます。

■障害者職業能力開発校

国が設置した機関で、
身体障がいや知的障がいの方が
就職に必要や知識や技術を習得するための
職業訓練を行っています。

身体障がい、知的障がい、精神障がい別に
募集枠を設け、CAD技術、
グラフィックデザイン、ビジネス実務
サービス実務等就職に必要な知識やスキルが
学べます。


■発達障害支援センター

主として発達障害のある、または発達障害の疑いが
方を対象に相談を受け、その解決に向けて
他の福祉施設や関係機関と連携して
支援を行います。

就労支援のみならず、生活介護事業、
施設入所支援事業、移動支援
居宅介護事業等も行います。


お子様の就労に関しては、
様々な就労支援施設があります。

親御さんやお子様だけで悩まず、
周りのサポートも受けながら、そのお子様の
に合ったお仕事や就労先選びが重要になります。


まずは、お近くのハローワークでご相談して
みてはいかがでしょうか。
(文:山崎美紗)



相談可能エリア:新宿・神田・池袋・銀座・川崎・横浜・逗子・大阪・名古屋・北九州(小倉)


⇒無料相談に申し込む