FPお役立ちコラムcolumn

障がいをもつ子供の育て方 障害年金編

病気やケガで障がいが残る可能性は、誰にでも
あります。
特に、子供に障がいがあると、経済的な面でも
不安になることは多いと思います。

大人になってから、きちんと働けるのか?
働けない場合は、収入をどうするのか?


そんな時、経済的な支えとなってくれるのが、
「障害年金」になります。

年金を払っても将来もらえるかわからないから
できれば払いたくない・・・
と、言う方もいらっしゃるかと思います。

しかしながら、年金は、老後に支給される
「老齢年金」の他に、加入者の万一の時に
残された家族に支給される「遺族年金」。

そして、病気やケガで障害を負ったときに
支給される「障害年金」といった
3つの側面から加入者や加入者の家族を
支えてくれるのです。


中でも、「障害年金」は、20歳前に障害が
ある場合は、障がいがある子供本人が保険料を
払っていなくても、20歳から一生涯
年金を受給できる、ありがたい制度になります。


今回は、障がいを持つ子供の障害年金を
中心にご紹介していきましょう。

<障害年金とは?>

障害年金は「障害基礎年金」(国民年金)と
「障害厚生年金」(厚生年金)の2つに
分かれます。

障害年金では「初診日」が非常に重要に
なります。

その障がいの原因になった病気やケガで
初めて病院にかかった「初診日」に、
どの年金に加入していたか?
という点がポイントになります。

親が加入している年金ではなく、
あくまで、子供が加入している年金なので、
本人が会社で働きだしていたら厚生年金に
なり、それ以外(20歳前障害含む)は
国民年金となります。

また、初診日の記録があまりに古いと、
病院でも記録を破棄する場合がありますので、
いざという時のために、子供が病院にかかった
記録をつけておきましょう。


次に「障害認定日」がいつなのかを確認します。


障害認定日とは…
●初診日から1年6ヶ月以内で病気やケガが
治った日
※「治った」とは、その症状が固定し、これ以上
治療しても効果が期待できない状態

●治療を継続している場合は、初診日から
1年6ヶ月経過した日


初診日、年金加入状況、障害認定日の確認が
できましたら、障害年金について
詳しくみていきましょう。


■障害基礎年金(国民年金)

●受給要件は?
①初診日を証明できること
②初診日までの保険料を2/3以上
納めていること
③障害等級に該当していること

原則、受給要件は上記の3つになりますが、
20歳前に初診日や障害認定日がある場合は
②の保険料納付要件はありません。

●いつから受給できる?
20歳前に初診日や障害認定日がある場合…
20歳から障害年金を受給できます。
先天性障害や幼少期の障がいの場合でも
20歳からの受給になります。

20歳以降に障害認定日がある場合…
障害認定日から障害年金を受給できます。


※20歳前障害による請求の場合、
保険料を払わなくて良いかわりに
所得制限が設けられています。
受給者本人の所得が360万円4000円を超えると
年金額は1/2、462万1000円を超えると
全額支給停止になりますのでご注意ください。


●いくらもらえる?
障がいの度合いによって年金額が異なります。

障害等級1級…
日常生活にも常時介護が必要
⇒974,125円/年 

障害等級2級…
日常生活に著しい制限を受ける程度の障害
⇒779,300円/年 
※いずれも平成30年度価格

障害認定基準は、日本年金機構のHPで
ご確認ください。
日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20140604.html



■障害厚生年金
子供が会社で働きだしてから「初診日」が
ある場合は、障害基礎年金に加えて障害厚生年金も
受け取れます。

障がいの度合いが上記の障がい1、2級に
該当する場合は、障害基礎年金+障害厚生年金を
受け取れます。

さらに程度の軽い障がいの場合は、
3級の障害厚生年金のみ支給、もっと軽い程度の
障がいであれば、一時金として障害手当金が
支給されます。


●いくらもらえる?
障害基礎年金同様、障がいの度合いに
よって年金額が異なります。

障害等級1級…
日常生活にも常時介護が必要
⇒報酬比例の年金額×1.25 

障害等級2級…
日常生活に著しい制限を受ける程度の障害
⇒報酬比例の年金額

障害等級3級…
労働するのが著しく困難で制限される状態
⇒報酬比例の年金額
※障害等級2級の障害基礎年金の3/4相当額が
最低保障額

障害手当金(一時金)…
3級の障がいよりやや程度の軽い障がいが
残っている場合
⇒報酬比例の年金額×2
※障害厚生年金の最低保障額(障害等級2級の金額)
の2倍相当額を最低保障

※いずれも平成30年度価格

上記を元に障害年金がいくらもらえるのかを
シミュレーションしてみましょう。

<例>
● Aさんの場合
障害等級1級に該当
20歳前に初診日、障害認定日あり

⇒20歳から障害基礎年金を
毎年974,125円受け取れる

● Bさんの場合
障害等級1級に該当
20歳以降に初診日、障害認定日あり
厚生年金に加入中
平均標準報酬額:20万円
厚生年金加入期間:10ヶ月

厚生年金に加入しており、かつ、障害等級1級
なので、障害基礎年金に加え、障害厚生年金も
受け取れます。

◆障害基礎年金…
⇒974,125円/年


◆障害厚生年金…

報酬比例部分の計算式
(20万円×5.481/1,000×10ヶ月)
×300ヶ月/10ヶ月
=328,860円

障害等級1級割り増し分(1.25倍)
=328.860円(報酬比例の年金額)×1.25
=411,075円

⇒411,075円/年

⇒障害認定日から障害基礎年金と
障害厚生年金を合わせて、
毎年138万5,200円受け取れる

※障害基礎年金974,125円/年+
障害厚生年金411,075円/年の合計額

<障害年金の手続き方法は?>

受け取れる障害年金の要件や金額が
わかったところで、障害年金の手続きは
どのようにすれば良いのでしょうか?

おおまかな流れとしては、

①受給要件を満たしているかを確認
②必要書類をそろえて提出
③受給開始

という流れになっています。
それでは、詳しくみていきましょう。


①受給要件を満たしているかを確認

先述のとおり、初診日、保険料納付の有無
障害等級等を確認し、受給要件を満たしているかを
今一度確認してみましょう。

要件を満たしているようでしたら、
必要書類をもらいにいきましょう。

国民年金の場合は、市区町村の年金係
厚生年金の場合は、お近くの年金事務所が
窓口になります。



②必要書類をそろえて提出

主な必要書類は、以下になります。


1.障害年金請求書
2.診断書
3.病歴、就労状況申立書
4.受診状況等証明書(初診日の証明)
5.年金手帳(基礎年金番号と氏名のコピーでも可)
6.住民票(本人分)
7.預金通帳のコピー(振込先確認のため)
8.20歳前障害の場合は受給者本人の
  前年の所得証明書

詳しい提出書類リストは自治体や年金事務所
でももらえます。

また、子供本人以外が相談に行く場合は委任状が
必要になりますので、事前にインターネットで
委任状をダウンロードするか自治体に取りに
いきましょう。

基本的に、必要な書類は上記8点になりますが、
初診とは違う病院に転院していたり、
病状によっては上記以外の書類も必要になる場合も
ありますのでご注意ください。


③受給開始

②の必要書類をそろえて窓口に提出後
無事、受理された場合はいよいよ
年金受給開始になりますが、
障害年金は審査に時間がかかります。

書類提出後、一般的に審査に約3~4ヶ月、
支給決定通知が届いてから約1~2か月後に
初回入金になりますが、案件によっては
もっと時間がかかりますのでご注意ください。

障害年金は、原則、障害認定日の翌月から
受給できますが、時効があるため5年前までしか
遡れません。早めに手続きしましょう。

以上、障害年金についてご紹介しました。

障害年金だけで全ての生活費をまかなうのは
難しいかもしれませんが、生活の支えに
なってくれる事は間違いないでしょう。

障害年金の受給を検討する場合は、
自治体の年金係、年金事務所、
また、有料にはなりますが、社会保険労務士に
相談してみてるのも良いでしょう。

(文:山崎美紗)


⇒無料相談に申し込む