FPお役立ちコラムcolumn

  • facebook
  • twitter
  • LINE

教育資金・習い事費用

高校受験の費用と高校入学後の費用

今回は、高校受験の費用と高校入学後の
費用について、公立高校と私立高校の両方の
パターンで、それぞれいくら位の費用が
かかるのかをみていきましょう。

<高校受験の受験費用はいくら?>

■高校受験の受験費用はいくら?

目指す高校のレベルや家庭の事情によっても
異なると思いますが、高校受験の場合、
中学2年生頃から学習塾に通うお子様が
多いようです。

では、中学2年生から学習塾に通った場合の
学習塾代はいくらくらいかかるのでしょうか?
試算してみましょう。

大手学習塾、早稲田アカデミーを例にあげると
どの講座を取るかによっても費用は
異なりますが、中学2年生から3年生の
学習塾の費用総額は約140万円となります。

※月額受講料、月会費、教材費、テスト代、
春期講習、夏期講習、冬期講習、
正月特訓などを含む5科目分2年間分総額
(早稲田アカデミー担当者談)

さらに、往復の交通費、お弁当代もしくは
外食費等もかかるかと思います。
また、受験料も公立高校で2,200円、
国立高校で9,800円、私立高校で
約22,000円程度かかりますので、学習塾代や
受験費用含め、高校受験費用総額で
170万円程度かかると試算できます。

<高校入学後の費用はいくら?>

■公立高校の費用はいくら?

晴れて、高校受験に合格した後、公立高校の
費用はいくら位かかるのでしょうか?

文部科学省H28年度「子供の学習費調査」
によりますと、公立高校の場合、

年間学校教育費:275,991円
 (教材費、PTA会費等含む)
学校外活動費:174,871円
 (習い事や本代等を含む)
公立高校の授業料や学校外活動費を含む
全ての1年間の学習費総額は450,862円
となります。

よって、高校3年間の教育費総額は、
450,862円×3年間で1,352,586円
になります。


■私立高校の費用はいくら?

一方、私立高校に行く場合は、
いくら位かかるのでしょうか?

先述の文部科学省H28年度「子供の学習費調査」
によりますと、
年間学校教育費は755,101円
 (教材費、PTA会費等含む)
学校外活動費は285,067円
 (習い事や本代等を含む)

私立高校の授業料や学校外活動費を含む
全ての1年間の学習費総額は1,040,168円
となります。

よって、高校3年間の総額は、
1,040,168円×3年間で3,120,504円
になります。


まとめますと、中学2年間の学習塾代+
高校3年間の学費の合計で、
公立高校に行く場合は、305万円
私立高校に行く場合は、482万円
程度の費用がかかると試算できます。


お子様が公立高校に進学するのか、もしくは
私立高校に進学するのかで約177万円程度の
差が生まれます。

教育費は、ある程度はお金がかかる時期を
見通せます。長期的にライフプランを作成し、
毎月の児童手当を預金しておく、給料天引きで
積立する等で確実に貯められるよう、
早いうちから計画を立てておきましょう。

執筆担当:山崎美紗(日本FP協会 認定CFP)


⇒無料相談に申し込む

  • facebook
  • twitter
  • LINE