FPお役立ちコラムcolumn

ママのための賢いお金の増やし方WEBセミナー その3 ■お金が貯まる仕組みの構築

■お金が貯まる仕組みの構築

お金を着実に貯める方法は1つしかありません。
それは使う前に貯めること。
使った後に残ったお金を貯めるのではありません。

先に貯めて、残ったお金を使うのです。
この方法を導入することで、貯蓄率は大幅に改善します。

無駄遣いを防ぐ貯蓄ルールの導入により、
お金を使う事は予算内でいかに楽しく消費できるか、
ゲーム感覚で取り組むといいでしょう。

親がお金を貯めたり、管理する習慣がないと、
子どもへの金銭教育が難しくなります。
親のお金の使い方を子どもは見ているのです。
子どもが成長した時に、お金を上手に使えないのは、
親がお金の管理、使い方、運用について学んでいないからともいえるでしょう。

まずは、貯蓄。先取り貯蓄を続けて、大きな貯蓄の塊をつくりましょう。
100万円貯めてみましょう。そして上を目指すのです。
1,000万円貯まると減らしたくないという意識が芽生えますが、
同時に投資のリスクをとることが恐ろしくなるでしょう。

コツコツ積み立てながら投資をするほうが、
日本人には向いているかもしれません。

■お金の色分け

お金には大きく分けて①毎月入ってくるお金、②過去に貯めたお金、の二種類があります。
まずは①毎月入ってくるお金について。
例えば3つに分類するという考えがあります。
収入三分法とでも名付けましょう。
1. 使う
2. 貯める
3. 守る
このような観点でお金に色を付けるとわかりやすいでしょう。

使うは消費全般のお金です。貯めるは先取り貯蓄です。
守るは保険など何かあった時に
資産や収入を減らさないようにする仕組みへの投資です。

1/3ずつという事ではありませんが、
お金を色分けすることで支出傾向、
貯蓄傾向が自分自身にとってわかるようになるでしょう。



⇒無料相談に申し込む