FPお役立ちコラムcolumn

DINKSの女性が50歳で仕事をやめるためには、いくら貯めればいいの?

厚生労働省の平成28年の「簡易生命表」によりますと、
50歳の平均余命は、男性32.54年、女性38.21年となっています。
DINKSの女性が50歳で仕事をやめる場合、いくら預金があれば
その後生活していけるのでしょうか?

はじめに、退職後に生活費がいくら位かかるかを確認していきましょう。


<夫婦2人の生活費はいくらかかるの?>
総務省の平成29年の「家計調査 月額生活費収支の概況勤労世帯(二人以上の世帯)」
によりますと、年代別の生活費は以下のようになります。

50歳~59歳 342,952円/月 4,115,424円/年
60歳~69歳 277,283円/月 3,327,396円/年
70歳~   238,650円/月 2,863,800円/年


<年金や退職金はいくらもらえるの?>
厚生労働省の平成28年の「厚生年金保険、国民年金概況」によりますと、
毎月の年金の平均受給額は145,638円となります。

また、経団連の調査によりますと、管理・事務・技術労働者総合職の人が
60歳で定年退職した場合の退職金は、大学卒2374.2万円 高校卒2047.7万円
となっております。

<50歳以降に必要な金額をシミュレーションしよう>
上記のデータを元にDINKSの女性が50歳で仕事をやめるには、
預金がいくら必要かをシミュレーションしてみましょう。

<<前提条件>>
夫会社員 83歳で死亡 
妻会社員 89歳で死亡
夫死亡後、生活費は半額とする
※年金額は、上記の厚労省のデータにより夫婦とも同額とする
※厚生労働省「平成28年簡易生命表」50歳の平均余命を元に死亡年齢を仮定

■生活費
50歳~59歳 342,952円/月 4,115,424円/年 41,154,240円/10年
60歳~69歳 277,283円/月 3,327,396円/年 33,273,960円/10年
70歳~79歳 238,650円/月 2,863,800円/年 28,638,000円/10年
80歳~83歳 238,650円/月 2,863,800円/年 11,455,200円/4年
84歳~89歳 119,325円/月 1,431,900円/年 8,591,400円/6年
妻が50歳から89歳までの生活費の総額は、1億2311万2,800円となります。

■年金受給額
65歳から毎月145,638円の年金が支給されるので、年間174万7656円となり、
夫は83歳までの18年間総額で3145万7808円、
妻は89歳までの24年間総額で4194万3,744円となります。
よって、夫婦の年金総受給額は7340万1552円となります。

<DINKSの女性が50歳で仕事をやめる場合にいくら貯めればいいの?>
先述の生活費総額1億2311万2800円から夫婦の年金総受給額7340万1552円を差し引くと
50歳時には4971万1248円の貯蓄が必要となります。

仮に、先述した退職金額を夫が受け取れる場合は、2374.2万円のプラスになりますので、
DINKSの女性が50歳時に必要な貯蓄額は、2596万9248円(4971万1248円‐2374.2万円)
となります。
妻にも退職金がある場合は、必要金額がさらに少なくなります。
この金額を目安に貯蓄や資産運用をしてみてはいかがでしょうか?



⇒無料相談に申し込む