FPお役立ちコラムcolumn

夫婦で借りる?夫だけが借りる?住宅ローンを借りる人の違い

住宅ローンを借りる際、夫婦で借りるのか、夫(もしくは妻。いずれか収入が多い方)一人で
借りるのかなど、いくつかの選択肢があります。
住宅ローンを借りる人によってどのような違いがあるのでしょうか?
確認していきましょう。


<夫婦で住宅ローンを借りる場合>
■収入合算(連帯保証型)
連帯保証型とは、夫がメインで住宅ローンを借り、妻が連帯保証人になる方法です。
妻は連帯保証人ですので、夫の住宅ローン返済が滞って初めて、妻の支払い義務が発生します。

メリットとしては、夫一人で住宅ローンを借りられない場合に、
妻の収入を合算することができるので、より多くの住宅ローンを借りることが可能です。

注意点としては、住宅ローン返済義務があるのは夫のみなので、
住宅ローン控除、所有権、団体信用生命保険がすべて夫のみとなり、メリットは少ないかと思います。


■収入合算(連帯債務型)
連帯債務型とは、夫婦二人が共同で1つの住宅ローン返済を行う方法です。
たとえば、3000万円の住宅ローンを借りた場合、夫5割、妻5割の負担割合とすると、
1500万円ずつを2人で1つの銀行に返していくイメージです。

メリットとしては、夫婦の負担割合に応じた住宅ローン控除をそれぞれが受けることが可能です。
所有権も2人それぞれが持つことができます。

注意点としては、団体信用生命保険は、通常、一人しか加入できないため、
夫に万一のことがあっても妻は返済を続けなくてはなりません。
そのため、生命保険を増額するなどして対策をとる必要があります。


■ペアローン
夫婦がそれぞれにローンをくむ「ペアローン」という方法があります。
多くの金融会社が取り扱っている比較的メジャーな住宅ローンになります。
夫は妻の、妻は夫の連帯保証人になる必要があります。

メリットとしては、夫婦それぞれ住宅ローン控除を受けられるので、
節税効果が大きいことがあげられます。
また、2人とも所有権を持つことが可能です。
団体信用生命保険もそれぞれが加入します。

注意点としては、夫婦二人で2本の住宅ローンを持つことになり、
夫婦どちらかに万一のことがあった場合、亡くなった方の住宅ローンは
団体信用生命保険により残債がゼロになりますが、残された方の住宅ローンは残ります。
心身ともに辛い中での残債返済はなかなか大変だと思います。

そこで、夫婦連生団信(「デュエット」や「クロスサポート」等の名称)という制度もあります。
この制度は、ペアローンのデメリットを補うもので、夫婦どちらか一方が亡くなった場合に、
残された配偶者の住宅ローンも残債ゼロになるというものです。

金融機関によって異なりますが、住宅ローンの特約手数料が1.5倍程かかる、
金利が0.1~0.2%が上乗せになるといった注意点もありますが、
別途、生命保険に加入するよりも安く済む場合もあります。
この制度を利用するかは総合的にみて判断しましょう。


<夫が一人で借りる場合(単独債務型)>
最後に、夫もしくは妻が1人で住宅ローンを借りる単独債務型です。
夫一人でも住宅ローンが組めるのであれば、単独債務の方が良いでしょう。
万一の場合も残された方の残債返済義務もありませんし、単独でも返済できる借入額に
納まっているという安心感もあります。
金融機関に連帯債務を求められる場合は、単独での返済に無理がある借入になっている
といえますので注意が必要です。


住宅ローンの借り方には、いくつか方法があります。
妻は一生働くつもりなのか、返済額に無理はないかなど長期的、総合的にライフプランを考え、
ご家族にとってベストの借入方法を選びましょう。



⇒無料相談に申し込む