FPお役立ちコラムcolumn

1,000社を超える不動産ネットワークであなたのマイホーム購入を応援します。

ライフプランの窓口ではマイホーム購入の相談が多く寄せられます。
その多くは、購入物件の価格に無理は無いか、
住宅ローンはどうやって選べばよいかという相談になります。


私たちは不動産会社ではありませんから、
不動産を探したり、売買契約のサポートをすることはできません。


しかし、私たちにはこんな強みがあります。それは・・・
一都三県に集中して、1,000社を超える不動産担当者のネットワークがあること。


お客様が不動産情報を探したい場合(売りたい場合も含む)は、
条件を配信すれば、物件情報をたくさん送ってもらえるような環境にあるのです。


なぜこんなことができるかというと、
不動産会社とのネットワークづくりを10年かけて行ってきたからです。


不動産会社からは嫌われそうですが、
私たちのウリは高すぎる不動産購入にはNO!と言えるという特徴があります。


ハウスメーカーや、住宅展示場でファイナンシャルプランナーに相談する場合、
ファイナンシャルプランナーに相談する機会を提供し、
そこに相談される方を集めているのは、スポンサーであるハウスメーカーや工務店、
住宅展示場なのです。


そのような場所で、マイホームの予算が高いからと言って、
「今の予算で買うと将来大変ですよ」とか
「予算を下げた方がいいですよ」と言えると思いますか?


そんなことをお客様に伝えたら、
そのファイナンシャルプランナーはもう二度と相談会に呼ばれません。
あくまでも、スポンサーの住宅販売を支援するのが目的なのです。


実際に、ライフプランの窓口認定FPの中には
予算オーバーの物件に対して、正直にライフプランを作ったところ、
お客様自身が将来破たんすることに気付かれたと言います。


お客様に合わせて資金計画を立てたFPは二度とハウスメーカーの相談会に呼ばれることは無くなりました。


きっとそのファイナンシャルプランナーは正しい事を伝えたのでしょう。
しかし、それを良しとはされなかったのです。


不動産会社でないからこそ、客観的に不動産購入のアドバイスができるのです。
急いで契約する前に、ファイナンシャルプランナーに相談することをお薦めします。


私たちが適正予算を出した後に、物件探しのご依頼を頂ければ、
1,000社を超えるネットワークに情報を提供し、
お客様に合ったマイホーム候補の情報をお届けできるかもしれません。


というのも不動産会社に希望する物件の情報をお知らせして、
該当する物件情報を送ってもらう事ができるからです。
不動産会社にしてみれば、SUUMOなどに掲載する広告費がかかりませんので、
家を売るのに煽る必要もありませんし、
広告費がかかっていませんから、仲介手数料を割り引いてもらえることもあります。


もし、信頼できる不動産会社が見つからない、
不動産会社に携帯番号、メールアドレスなどを伝えると、
営業がしつこそうで怖いという方がいらっしゃいましたら、
私たちが不動産会社をご紹介することで、
無理な営業をされる可能性は大幅に少なくなります。


一度でもトラブルになれば、ライフプランの窓口からの紹介がなくなりますので、
慎重に、丁寧に対応してもらえるのです。


そのかわり、自分の意思で買う事が決断できない方には、
向かないサービスかもしれません。


私たちの目的はライフプランの支援です。
お客様が満足されるマイホーム購入を、
影に日向に応援しております。


⇒無料相談に申し込む