FPお役立ちコラムcolumn

仮想通貨とは?これから始めたい方にわかりやすく解説!

最近、テレビCMも始まり、よく目にするようになった仮想通貨やビットコイン。
怪しいものじゃないの…?そもそも、ビットコインってなに?
どうやって始めたらいいの?といった疑問にお答えします。

<そもそも仮想通貨とは?>
仮想通貨とは、インターネット上で商品やサービスの対価として使用することができ、
銀行などの中央機関を通さなくても個人間でやりとりができます。

また、ドルやユーロと交換することも可能です。
2017年4月1日に「仮想通貨法」が施行され、国が認めた決済手段のひとつです。
そして、仮想通貨は、1000種類以上もの種類があり、日々増え続けています。
よく耳にする「ビットコイン」は仮想通貨の種類のひとつで、仮想通貨の基軸通貨となっています。他には、イーサリウム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、
モナコイン(MONA)などは時価総額が多く、有名です。

<ビットコインとは?>
それでは、ビットコインを詳しく見ていきましょう。
ビットコインとは、ナカモトサトシ(実はアメリカ人?)という人が書いた論文から始まりました。
そこには、中央機関を通さずに送金する方法や
二重払いが起こらないようにする方法などが書かれ、
それを元にビットコインが作られました。

なので、ビットコインの最小単位を「サトシ(Satoshi)」と呼び、
0.00000001BTC=1Satoshiとなっています。
日本人からするとちょっと親近感がわく単位ですよね。

ビットコインは、マイニング(採掘)という作業を行い、どんどん増えていきます。
ビットコインは、一定期間に取引記録を台帳に記帳します。

それには、膨大な計算量を要するので、
世界中のコンピュータの空いている容量を借りながら行っています。

ひとつの大きな取引台帳に追記する手伝いをしてくれた人に、
新規に発行されたビットコインの報酬があたえられるのです。
それをマイニング(採掘)と呼びます。

<どうやって始めればいい?>

まずは、仮想通貨の取扱事業者の会員になりましょう。
いわば、銀行に口座を開設するようなものです。
有名なところでは、bitflyer(ビットフライヤー)、coincheck(コインチェック)、zaif(ザイフ)
などがあり、HPから申し込むか、スマホでアプリをダウンロードし、申し込みをします。

買い方は、主に取引所か販売所で購入します。
取引所とは、「○円で買いたい」という金額を指定して購入でき、手数料が安くすみます。
そのかわり、取り扱っている仮想通貨の種類が少ないので、買いたい通貨があれば、
その事業者の取引所で取り扱いがあるか、事前に確認しましょう。

また、販売所は、ビットフライヤーやコインチェックなどの取扱事業者から購入する方法で、
簡単に即座に買えますがその分手数料が割高になります。

そして、同じ通貨でも事業者ごとに手数料が違います。
そのため、手数料が安い事業者を選んで売買することをおすすめします。

売買する際の注意点としては、必ず二段階認証の設定をしましょう。
二段階認証とは、セキュリティの一種で、万一パスワードを読み取られても、
通貨を勝手に送金したりできないようにするためのものです。

有名なものでは、グーグルのauthenticatorのアプリがあります。
そこに表示される、数秒に一回変わる6桁の暗証番号を入力しないと
送金できないシステムになっています。

<まとめ>
以上、仮想通貨についてまとめてみました。

仮想通貨は値動きが激しく、全くの投資初心者が始めるには少し敷居が高いかもしれません。
そこで、高値掴みをさけるために仮想通貨を
毎月5,000円位つみたて購入するのはいかがでしょうか?

取扱事業者のzaif(ザイフ)では、自動でつみたて購入もできますので、
毎月の手間もかからず、いつ買えばよいか悩まずに済むかと思います。
資産分散先のひとつとして、仮想通貨も検討してみてはいかがでしょうか?





⇒無料相談に申し込む