FPお役立ちコラムcolumn

家計簿アプリにはどんなものがあるの?

今回は、家計簿についてです。突然ですが、家計簿はつけていますでしょうか?
毎日、手書きの家計簿をつけているという方もいれば、家計簿なんて面倒でつけていない
という方もいらっしゃると思います。



家計の収支を把握することは、将来の資産設計をする上でもとても重要です。
毎日、手書きでこつこつつけている方は、収支も把握してるでしょうし、
それがルーティンになっていると思いますので、そのまま続けていきましょう。
ただ、手書き派の方も家計簿をつけていない方も必見の家計簿アプリという
便利なものがありますので、いくつかご紹介いたします。

まず、700万人が利用している「zaim(ザイム)」。
最近の家計簿アプリは、ほとんどがレシートの写真を撮影すると、
自動で家計簿に反映させることができ、入力する手間が省けます。
また、収支をきれいなグラフで表示でき、何にいくら使っているのかが一目でわかります。
「zaim」もレシート自動入力はもちろんのこと、医療費控除にあたる支出を自動抽出、
今加入している保険の記録が残せる、住宅ローンの返済表を自動生成など、
あると便利な機能もいろいろとついています。

次に、550万人が利用している「マネーフォワード」。
こちらは、2600以上の銀行やカード会社のサービスに対応、
サービスの利用履歴や残高を自動取得し、自動で家計簿に反映させることができます。
また、みずほ銀行、三菱UFJキャピタルなど大手金融機関が出資しており、
第三者認証機構「TRUSTe」プログラムのライセンスを取得しています。
データも暗号化管理しているので、セキュリティ面でも安心です。

最後に、「マネーツリー」。
こちらも2600以上の銀行やカード会社のサービスに対応、
SBIインベストメント、みずほ銀行、三菱UFJキャピタルなど大手金融機関が出資、
第三者認証機構「TRUSTe」プログラムのライセンスも取得しています。
こちらの特徴は、通知機能が優れています。給料振込みやクレジットカードの支払も
通知してくれる上に、マイルやポイントの有効期限も教えてくれます。
ついつい、忘れがちなマイルやポイントの有効期限を教えてくれるのはありがたいですよね。

以上、3つの家計簿アプリをご紹介しました。全て無料でダウンロードできますので、
3つともダウンロードしてご自身にとって使いやすいものを探してみるのはいかがでしょうか?




⇒無料相談に申し込む