FPお役立ちコラムcolumn

ワンルームマンション投資のメリットと注意点について

近年、普通のサラリーマンやOLの副業としても人気の不動産投資。
なかでも、不動産投資の初心者でも始めやすい「ワンルームマンション投資」とは、
どのようなものなのでしょうか?

ワンルームマンション投資のメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

まず、比較的少額からの投資が可能です。
アパート丸ごと一棟などに投資する「一棟もの」ですと、数千万円~数億円規模の投資
になり、たとえ融資を受けられたとしても初心者には少しハードルが高いかと思います。
一方、ワンルームマンション投資は、建物の一部屋になりますので、
数百万円から投資可能で、一棟ものにくらべると比較的ハードルは下がります。
流動性も高いので、立地等にもよりますが、一棟ものよりは売買しやすいのも特徴です。

また、建物の構造も鉄筋コンクリート(RC)や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)など、
強固な造りのものが多く、法定耐用年数も47年と長く、木造などに比べ、
建物自体の寿命が長くなっています。

一方、ワンルームマンション投資のデメリットとしましては、
担保価値が付きづらく銀行からの融資を受けるのが難しいこともあります。
そのため、その物件を担保に2棟目の購入を考えている場合は注意した方が良いでしょう。

また、購入したワンルームマンションをペット可能物件にしたい、駐車場を増設したい等の
希望があっても、そのマンションの管理規約を個人の希望で自由に変えることは難しいため、
一棟ものにくらべるとオーナーの自由度は低くなります。

また、出口戦略の選択肢が少ないのも注意点としてあげられます。
一棟ものが老朽化した場合は、更地にして土地を売る、駐車場にする、
建物を建て替えて新築を賃貸するなど様々な選択肢があります。

しかし、ワンルームマンションの場合、いくらか追加資金を差し入れて、
建物を建て替えた後、新しいマンションの一部屋を得られるというものもありますが、
基本的には売却の選択肢がほとんどです。

ゆえに、投資用のワンルームマンションを購入する際には、何年後まで持ち続ければ
いくら利益がでるという損益分岐点を割り出し、きちんと出口戦略を検討した上で購入しましょう。

以上、ワンルームマンション投資のメリットや注意点をいくつかあげました。
ワンルームマンション投資は比較的、初心者には入りやすい不動産投資かと思いますが、
きちんとメリットと注意点を踏まえた上で、 ワンルームマンションからはじめるのか
一棟ものからはじめるのかを検討しましょう。