FPお役立ちコラムcolumn

子どもの教育費って、いくらかかるの?

人生の三大費用のひとつといわれる、子供の教育費は一体いくら位かかるものなのでしょうか?

一般的には、子供1人あたりの教育費は約1,000万円以上かかるとも言われています。

今1,000万円も貯蓄がないという方もいらっしゃると思いますが、
教育費は約20年の間に分割で、しかも、いつまでにいくらを用意すれば良いかを
ある程度予測できるので、比較的準備しやすい費用かと思います。

文部科学省の「平成26年度子供の学習費調査」によりますと、

幼稚園は公立約22.2万円,私立約49.8万円,
小学校は公立約32.2万円,私立約153.6万円,
中学校は公立約48.2万円,私立約133.9万円,
高等学校(全日制,以下同じ。)は公立 約41万円,私立約99.5万円となっています。

つまり、幼稚園から高校まで全て公立だと約527.4万円、
全て私立ですと約1771.2万円かかります。(学校教育費、給食費、学校外活動費含む)

また、日本学生支援機構の「平成26年度子供の学習費調査」によりますと、
国立大学4年間で599.6万円、私立大学4年間で791.2万円かかります。(授業料や生活費含む)

つまり、幼稚園から大学まで全て国公立の場合、1,127万円、
全て私立の場合、2,562.4万円の教育費がかかります。

ご覧いただいた通り、教育費の負担が一番かかるのは大学進学になりますので、
高校までの費用は日々の生活費から捻出し、大学進学に向けて早いうちから
積立ておくことをおすすめします。

仮に今年、お子さまが誕生し、大学は私立に行く場合で試算してみますと、
18年後までに791.2万円必要になります。18年間年利3%で運用した場合は、
毎年の積立額が340,216円になりますので、毎月28,351円積み立てれば大丈夫です。

年利1%の場合は、毎年の積立額が403,512円になり、毎月33,626円の積立額に
なりますので、投資信託等をうまく活用し、毎月3万円は積み立てられると良いでしょう。

子供の教育費は、親の裁量によるところも大きい費用です。
かわいいわが子には少しでも良い教育を受けさせてやりたい気持ちはやまやまですが、
子供ともきちんと話しあった上で、教育費をかけるところとかけないところを明確にし、
メリハリのある教育費のかけ方を心がけましょう。




⇒無料相談に申し込む