FPお役立ちコラムcolumn

住宅取得のメリットは何か考えてみましょう

<家賃で掛け捨てるか、資産として残すか>

住宅販売の不動産会社の営業トークや広告でよくあるのは、家賃の無駄という点です。


10万円の家賃の家に35年住むのと、35年の住宅ローンを借りて10万円の住宅ローンを
支払って家を買うのとではどちらが賢いか?という選択を迫っているのです。


保険でいうと、掛け捨てタイプの保険を解約返戻金のあるタイプの保険にするようなイメージです。


家賃として支払う代わりに手元に何も残らないか。
住宅ローンを借りる代わりに住宅ローンの支払いが終われば自分の持ち物になるか。
後者は資産になるというメリットがあります。


<一生涯の住宅コストを削減する>

老後におけるメリットはどうでしょうか?
借家の場合、住み続ける限り家賃を負担する必要があります。
住宅を購入すれば、ローン返済後は住居費を払う必要はなくなります。


これによって、年金を手元に残しやすくなります。


<換金可能性の高い資産を保険として利用できる>

もし、介護などで資金が必要になった場合、自宅を売ることで家を
現金にすることができます。これを自宅の流動化と言います。


将来売れるかどうかは別途検討すべきことですが、選択肢が増えることに間違いありません。
他にも、自宅を担保に資金を借りるリバースモーゲージの利用の選択肢も出てきます。


<必要保障額が減る>

住宅ローンを銀行から借りる場合は、団体信用生命保険の保険料を銀行が負担します。
このため、すでに加入している保険を見直して保険料負担を減らせる可能性があります。


また、万一借主が亡くなった場合に以降の住宅ローン負担がなくなる点は
遺族保障という観点からは見逃せません。





⇒無料相談に申し込む