FPお役立ちコラムcolumn

不妊治療の費用と公的な補助。 不妊治療助成のある自治体はどこ?

2015年度の国立社会保障・人口問題研究所の
出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)
によりますと、5.5組に1組の割合で
不妊の検査や治療を行っており、増加の一途を
たどっています。

今回は、不妊治療の費用や治療に関する助成金が
もらえる自治体について、ご紹介したいと思います。

詳細を見る

執筆担当FPのご紹介 山崎美紗FP

山﨑 美紗(やまざき みさ)

ファイナンシャルプランナーCFP®
整理収納アドバイザー


現在、FPお役立ちコラムやマネーサイトにて
執筆を担当。

学校では教えてくれない、でも、生きるために
必要な「お金の知識」を親子で楽しく学べるよう、
ワークショップ企画や講師活動を積極的に行う。

プライベートでは、5歳と1歳の2男子育児に
奮闘中。

ブログ:https://ameblo.jp/fp-yamazaki/
インスタグラム:fp_yamazaki

詳細を見る

最新の相談対応エリアについて

ライフプランの窓口では、
主に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、福岡県、
三重県の一部、岐阜県の一部の相談を承っております。

対象エリア外でも、相談を受けられる場合もありますので、
一度ご相談ください。

詳細を見る

テーマ別!ふるさと納税の上手な活用方法

ふるさと納税の返礼品は、以前に比べると若干
改悪しものの、探せば色々なふるさと納税の
返礼品が見つかるものです。

今回は、テーマ別にふるさと納税の返礼品を
ご紹介したいと思います。

詳細を見る

家計の節約ポイントが10個あるとしたらなんだろう?

金融広報中央委員会の平成29年
「家計の金融行動に関する世論調査」
[二人以上世帯調査]によりますと、
金融資産の保有額の平均値は、1,151万円。

この金額は、富裕層も含んでおり、より実態に沿った
金融資産の保有額は、中央値の380万円と
なっています。


しかしながら、将来的に、子供の大学進学や
マイホーム購入を考えているのならば、
もう少し貯蓄額を増やした方が良いでしょう。

そこで、今回は、家計の節約ポイント10選を
ご紹介したいと思います。

詳細を見る

大学受験の費用、浪人の予備校費用、大学入学後の費用

人生における3大費用は、教育費、住宅費、
老後資金といわれています。

特に、教育費の「大学にかかるお金」に一番
費用がかかると言われています。

文部科学省の平成29度「学校基本調査」によりますと、
平成29年の大学進学率は54.8%。
今は2人に1人以上が大学に進学する時代。

お子様が大学進学の道を希望するかはわかりませんが
万一、希望した場合でも対応できるよう、事前に
お金の準備をしておいた方が良いかと思います。


では、大学受験の費用、ならびに大学入学後の費用は
いったいいくら位かかるものなのでしょうか?

詳細を見る

こども食堂や地域食堂って何?

厚生労働省の平成28年「国民生活基礎調査」に
よりますと、日本のこどもの貧困率は、13.9%。
平成24年度の調査の16.3%に比べると、
2.4ポイント改善しているとはいえ、実に、
7人に1人の日本の子供が貧困にあえいでいます。


「食べるのもままならない」という状況まで
いかないにしろ、親が働いていて、自宅で1人で
ご飯を食べている子供は多く存在します。

そのような子供に「家族で過ごすような
温かい場所や食事を提供してあげたい」という
地域のボランティアによって立ちあがった活動が
「こども食堂や地域食堂」になります。

では、こども食堂や地域食堂は、実際、どういう所
なのでしょうか?

詳細を見る

初心者のためのマネーレッスン11 住宅ローン審査に響く産休・育休時の年収

ライフプランの窓口では、マイホーム購入の相談を
多数承っております。今回は見落としがちな産休・育休の間の、
収入が住宅ローン審査に与える影響と注意点についてお伝えします。

詳細を見る

自転車保険義務化の動き、今後も拡大の見通し?

子供から高齢者まで手軽な移動手段として
自転車を使う人は多いと思いますが、
乗り方を間違えるととんでもない事故を
引き起こす可能性があります。

近年自転車と歩行者の重大事故がふえていることから
自転車保険加入を義務化する自治体が増えています。

詳細を見る

マネー初心者のためのマネーレッスン その10 住宅ローンの選び方

ライフプランの窓口で受ける相談でもっとも難しいテーマが
住宅ローンの選び方です。

何故かというと正解がないからです。

例えば、変動金利がいいのか、固定金利がいいのか?と聞かれたときに、
理屈で考えれば、超低金利で全期間固定金利で借りるのが理想的であり、
いわゆる借金の王道ともいえる方法です。

しかし、この王道を守る人はほとんどいません。
王道をそれてしまう理由はもっと安い金利があるから、に他なりません

変動金利の水準が0.5%程度のため、
全期固定金利の1.5%程度が高く感じるようです。

詳細を見る