結婚前後のことを考えたいwedding

結婚費用
※約460万円

「結婚したら、お金のやりくりはどうしたらいいのか」
学校ではもちろん、会社でも教えてくれません。

私たちは同じ悩みを持つ方々から、たくさんのご相談をお寄せいただいています。結婚をされる2人が望む未来を実現するためにはどうしたらいいか、ご提案いたします。

※出典 ゼクシィ

結婚前後のよくあるご相談

お悩み1
この⼈と結婚してやっていけるの?

家族計画、マイホーム計画、老後資金の計画を
仮の数字で立ててみましょう。

いつごろ、いくらのお金が必要か具体的に見えてきます。
問題を発見できれば早目に対処できるでしょう。

お悩み2
結婚後はどんな⾵にお⾦を管理すればいいの?

夫婦でお財布を1つにするか、別々の会計にするかはお二人の価値観をもとに決めてください。

非常に多い相談ですが正解はありません。もし支出を減らしてお金を貯めたいなら、家計をガラス張りにすると効果があります。ただし、管理が厳しすぎるとストレスに感じる人もいますので、管理方法はお二人に合わせてアレンジすることが必要です。

お悩み3
結婚したら、仕事を辞めようと思っている。

結婚したら仕事を辞めたい。そんな風に考える女性は多いもの。

しかし現実は甘くありません。今の仕事を辞めた後、夫一人の収入で生活できるか、子育て、マイホーム取得はできるのか、など改めて現実を直視する必要があります。

無料相談はこちらから

お悩み4
子どもが生まれる前にやっておいた方が良いことはありますか?

産休と育休や時短による一時的な収入の減少や退職に伴う家計の不安定化を事前に理解しましょう。

二人の働き方によっては、保育料や習い事の金額が大きくなりますので、教育資金の準備を早目に検討しましょう。

お悩み5
LGBT(性的少数者)なのですが、新生活に伴いどのような準備が必要でしょうか?

パートナーの入院や死亡などLGBTカップならではのリスクが存在します。

万が一の際に社会保障による備えが充分でなく、まだまだ法律が追い付きません。そんな二人にこそ、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーによるサポートが必要です。お二人の明るい未来のために、資金計画とリスク対策を始めましょう。

ケーススタディ

「この人と結婚しても大丈夫かしら…」
と悩むAさん
婚活につかれた30代のAさんは、友人の結婚式の二次会でかつての同級生である男性と久々に再会。働き方や仕事に対する考え方、親から結婚のプレッシャーをかけられているなど、似たものを感じた2人はたちまち意気投合し、結婚を前提に付き合うことになった。

Aさんも彼氏も楽しいことが好きなので、仕事帰りに飲みに行ったり、旅行に行ったり、仕事にも精を出しながら日々を満喫していた。しかし、結婚を意識して参加した新生活のイベントで、ファイナンシャル・プランナーの話を聞いてから心配を抱くようになった。

結婚したら、お互いの給料は2人のもの。いくらもらっているか、何に使っているかなどオープンにして、結婚後のライフイベントに備えた方がよいという。現在30代前半のAさんの貯金は100万円ほど。彼氏の貯金額はもっと少ないかもしれない。
「楽しいことには惜しみなくお金を使う2人が結婚したら、将来ちゃんとやっていけるのだろうか…」と不安になり、Aさんはファイナンシャル・プランナーの無料相談に申し込んだ。
1人で相談に行ったAさん。担当のファイナンシャル・プランナーに、今の仕事や生活のこと、お金の使い方や結婚式の予算などを話すことで、徐々に将来に対する不安が和らいでいった。そして、これから先を見える化するために、資金計画を作ってもらうことにした。

結果は「このままの金銭感覚では、結婚後の生活は厳しい」というものだった。だが、将来の生活が厳しいと早いうちにわかったことで、これから何の支出を削ればいいか、どこを頑張ればいいかなどの方向性が見えてきた。子どもが生まれるまでが貯蓄の勝負、とのアドバイスを受けたので、まずは効果的な貯蓄方法を実践することにした。早めに相談することで、Aさんは不安を和らげることができた。

結婚に関するライフプランのメルマガ

無料相談はこちらから